アジャイルな見積もり方法

アジャイル開発での見積もり手法を学習したので、まとめます。

アジャイルな見積もりとは?

プロジェクト初期段階の概算見積もりには大きな誤差がある。
よってアジャイル開発ではプロジェクト初期段階の概算見積もりを信用しない。

大切なのは「与えられた期間とリソースでこのプロジェクトをやり遂げられるのか?」ということ。

アジャイルのやり方は、
何かを作る時には、それにどれぐらいの時間がかかったかを計測して、それをもとに計画を立てること。

具体的には、

  • 開発する機能それぞれを互いに相対的なサイズで見積もる
  • ポイントをもとにして進捗を追跡する

相対サイズで見積もる

人間は相対サイズの見積もりなら上手くこなせるらしい。
なかなか上手く見積もれないのは絶対サイズでの見積もりに挑んでいるから。

具体的には、開発する機能をそれぞれ、お互いがお互いに対してどれぐらいの大きさなのかを相対的に見積もる。

それから、自分たち開発チームがどれぐらいの速度で仕事を進められるか(ベロシティ)を計測する。

ポイントで見積もる

単位はどうでもいい。
注意を払うべきなのは仕事の大きさを数値として捉えて、他のストーリとの相対的なサイズとして表現できているかどうか。
アジャイルな見積もりでは、TシャツをS、M、Lなどのサイズごとに振り分けるみたいなもの。

見積もりが相対サイズになっていれば、それぞれの一つ一つに過大見積もりや過少見積もりがあったとしても、全体として辻褄は合うはず。

見積もり技法二つ

三角測量

代表的なものをいくつか基準として選出して、残りを基準になるものとの相対サイズで見積もるやり方。

サイズの見当がつかない場合はスパイクを行う。
スパイクとは、一定の期間を決めて事前調査をすること。
見積もれる程度になったらやめる。
期間は長くても数日以内に留めること。

プランニングポーカー

見積もりゲーム。

  1. 各々でまずは全てのものをポイントで見積もる。
  2. 次に一つ一つに対して、一斉に自分が見積もったポイントが書かれたカードを公開する。
  3. 全員のポイントが一致すればそれで決定。見積もり結果に違いがあれば、その違いについて話し合って、再び見積もる。
  4. 上記3つをチームで見積もり結果に合意できるまで繰り返す。

誰の見積もり結果が正しいとか正しくないとかは、問題ではない。
大切なのは実のある話し合いをすること。

個々人が自らの見積もりについての意見を伝え合うことで、従来よりも適切に見積もれるようになる。