アロー関数の短い書き方

JavaScriptのアロー関数について。

const addCharge = (bill) => {  
  return bill * 1.1;  
};  

引数が一つの場合は括弧を省略できて、一文で書ける。
文の戻り値がそのまま戻り値となるためreturn文も省略できる。

よって、以下のように書き換えられる。

const addCharge = bill => bill * 1.1;  

引数がない場合はカッコは省略できない。

const show =()=> console.log('Hello, world!');